SAMPLE SEARCH

お酒を知るKnow your liquor

ウイスキーに関する豆知識

ウイスキー の作り方

工程1  製麦・糖化・ろ過

モルト・ウイスキーの原料は大麦です。酵母は大麦のでんぷんをそのままアルコールに変えることはできないため、発芽した麦を乾燥させて麦芽を作ります。麦芽中の糖化酵素ででんぷんを糖類に変えます。これをろ過して甘い麦汁をつくります。

工程2  発酵

麦汁に酵母を加えると酵母は麦汁中の糖分を分解し、アルコールと炭酸ガスに変えるとともにウイスキー独特の香気成分をつくります。麦汁に酵母を加えると、槽は一面純白の泡に包まれます。発酵が終わりに近づくと、液面が現れ、液面上部はおだやかに澄んできます。この段階でのアルコール分は約7%です。

工程3  蒸溜

日本酒のなかで、防腐効果や味の調整を目的に使われる醸造アルコール無添加の製法です。
添加物を使わないと、アルコール度数が焼酎などと比べて低い日本酒は変質しやすい弱点がありますが、
日本酒本来のまるみのある飲み口で、お米が持つ甘みを強く感じます。

工程4  貯蔵・熟成

蒸溜で出来たニューポットを樽の中で寝かせる(貯蔵)。やがて無色透明の液体は深い琥珀色に生まれかわります。これを樽熟成といいます。 樽で熟成されたモルトウイスキーは麦芽の種類、酵母の種類、蒸溜方法、樽の種類、貯蔵場所、貯蔵年数などさまざまに組み合わされます。製品化する時はこれらの中から数十種類のタイプに分け、樽からウイスキーを取り出していきます。

ウイスキーの飲み方

1.ハイボールで飲む

グラスに氷を一杯に入れて冷やし、ウイスキーを適量注ぎます。
ウイスキー混ぜて、ソーダを加えます。(ウイスキー1:ソーダ3~4)
マドラーなどで縦に1回混ぜると完成です。

2.ストレートで飲む

グラスに適量のウイスキーを注ぎます。
ウイスキーとチェイサーを交互に飲むことで、一口ごとにウイスキーのおいしさが味わえます。

3.ロックで飲む

グラスと氷の音を楽しみながら飲む大人の飲み方です。
グラスに大きめの氷を入れ、ウイスキーを適量注ぎます。
マドラーなどで軽くまぜると完成です。

4.水割りで飲む

グラスに氷を一杯に入れて冷やし、ウイスキーを適量注ぎます。
マドラーなどでしっかりと混ぜ、ウイスキーを冷やします。
減った氷を足し、天然水(ウイスキー1:天然水2~2.5)を加えます。
マドラーで軽く混ぜると完成です。

5.ホットウイスキーで飲む

耐熱グラスにお湯を入れ、あらかじめ温めておきます。
ウイスキーをグラスの1/3ほど注ぎます。
ウイスキーの倍量または3倍くらいのお湯をゆっくり加えます。
マドラーなどで軽く混ぜると完成です。
レモンやはちみつを入れるとリラックス効果がアップします。
疲労回復や二日酔いになりにくい効果があると言われています。
お酒を知る
城ボトル

光明兼光×光明兼光本店

特約メーカーと深い取引関係を構築する中で、特に生まれ育った地元地域を大切に、 地域に根付いて、メーカーと小売店を結ぶ太いパイプを築き上げてきました。 現在、兵庫県の多くのメーカー様、蔵元様の商品を取り揃えています。

Access

TEL:079-234-1234
住所:兵庫県姫路市飾磨区構5丁目198番地
FAX:079-234-8870